山本恭瑚先生の旬ごはん「豆腐と枝豆の揚げもの」

2018.08.01

 広島県産 枝豆

広島県内でも7月~8月に旬を迎える、ビタミンCや葉酸などの栄養が豊富な枝豆。そのまま塩茹ででいただくのも美味しいけど、人が集まる時には他の豆類をたくさん使った、こんな揚げ物がおすすめ。大皿にどっさり盛れば大人も子どもも大満足です!

材料(3~4人前)

豆腐 ………… 1丁
海老 ………… 100g
つゆ豆 ………… 6本
枝豆 ………… 1/2束
………… 1個
小麦粉 ………… 大2
だし醤油 ………… 大1
塩コショウ ………… 適量
パン粉 ………… 適量

つくり方

  • 1)豆腐はしっかり水切りしておく
  • 2)海老、つゆ豆、枝豆はそれぞれ別々に塩茹でする
    ※海老は茹でて小口に切る。つゆ豆は1cmに切る。枝豆はさやから出しうす皮も取る。(具はだいたい同じくらいのサイズに)
  • 3)ボウルに豆腐を入れ、手でつぶす
  • 写真

  • 4)枝豆大に切った海老、つゆ豆、枝豆、卵、小麦粉、だし醤油、塩コショウを加え、混ぜ合わせる
  • 写真
    写真
    写真
    写真

  • 5)混ざったたねをバットに移し、その上にパン粉を敷き詰め、冷蔵庫で30分ほど休ませる
  • 写真
    写真

  • 6)180℃の油を用意する
    ※菜箸を油に入れて泡がついたら180℃の目安
  • 写真

  • 7)バットのたねをスプーンですくって油に落とし、揚げます。
  • 写真
    写真

    丸めたりしなくていいから楽ちんですね♪

  • 8)お皿に盛りつける
  • 写真

豆腐や枝豆などを混ぜ合わせる時は、混ざった感覚がつかみやすいので手を使いましょう。

↑