写真家荒木則行の“ひろしま美景発見!”2017年7月号

2017.07.01

瀬戸内の港町を見下ろす高台からの夏の夕方の一枚。
ここはどこだと思いますか?!
この場所もいつも見慣れている場所を少し違って写せた広島の美景です。

寺と坂道が多く水道をはさんで船が行き交うこの町は、多くの映画人や画家達に愛されている町。
この町で生まれた作品も多く、様々な場所がスクリーンや絵画として世に出て行きました。
かくいう自分自身も何度も撮影に訪れいくつもの場所から撮影を行っています。
この一枚の写真を見て「もしかしてあそこから撮影した一枚じゃないかな?!」と解られる方も少なくないのでは?!
夏の夜、花火の一枚をご覧ください。

坂の町、そして寺の町でもある尾道。そのはずれにある浄土寺がこの撮影の場所。けれど「浄土寺に入った事はあるけれどこんなとこあったかな?!」と思われる方。そう、この場所は浄土寺の裏山にある奥の院からの風景。徒歩の場合は浄土寺東側から「観音のこみち」と言われる登山道を30分程。また車の場合は「尾道市民病院」を左折後、グランドを右折(看板あり)。ここより先は普通車以上の通行は困難で残りは徒歩にて。

Canon EOS-5D Mark III
レンズ EF24-105mm F4L IS USM
シャッタースピード 5秒 F8
ISO 400

↑