山本恭瑚先生の旬ごはん「牡蠣とコロコロ野菜のクリームシチュー」

2018.02.01

広島牡蠣

広島県は全国かき生産量第一位。
1年中美味しく食べれますが、ちょうど1月?2月が旬。
一般的には、殻は小さいけれど、身は殻の割には大きくぷりっとしていて旨味たっぷりの濃厚な味わいで知られています。

材料(4人前)

牡蠣 ………… 300g
白ワイン ………… 50cc
コンソメスープ ………… 300cc
(A) しめじ ………… 1パック
人参
(大きめに乱切り)
………… 1本
小玉ねぎ
(ペコロス)
………… 12コ
芽キャベツ
(またはブロッコリー)
………… 12コ
(B) ホワイトソース
バター ………… 20g
………… 20g
牛乳 ………… 300cc

つくり方

  • 1)牡蠣を洗います。
  • 2)フライパンを熱しバター・粉の順に入れます。牛乳を少しずつ混ぜ入れ(B)を作ります。
  • 3)フライパンに牡蠣を入れて、白ワインを加えたらフタをして蒸らします。牡蠣の身がプリッとしたら火を止めます。
  • 4)鍋に(A)の野菜を入れてコンソメスープを入れ、約20分ほど柔らかくなるまで煮ます。
  • 5)具材が柔らかくなったら(3)を合わせて煮込みます。蒸したカキを入れて濃度をみながら牛乳を入れたりしながら調整します。
  • 6)お皿に盛り付けたら出来上がり。

牡蠣は酢水で3回程度洗いましょう。殺菌効果もあります。

ワインを入れて2~3分蒸してプリっとしたら火を止めましょう。

↑