山本恭瑚先生の旬ごはん「狩留家なすの揚げびたし」

2017.09.01

狩留家なす

秋口に旬を迎える狩留家なすは安佐北区の狩留家地区で育ちます。
皮が柔らかくて身も滑らか。甘みも良いですね。
薄緑色もお皿に映えますよ!

材料

狩留家なす ………… 3本
唐辛子 ………… 1片 ※種は取る
だし汁

  だし ………… 200cc
  ………… 大さじ1
  みりん ………… 大さじ1
  醤油 ………… 大さじ1

つくり方

  • 1)狩留家なすを5つに切ります。
  • 2)油を180℃に、唐辛子を入れ、狩留家なすを揚げます。
  • 3)その間に、だし汁の材料を混ぜあわせて用意します。
  • 4)狩留家なすが揚がったら油を切り、だし汁で、3~5分弱火で煮ます。
  • 5)きれいに盛り付けたら、完成です!

なすを揚げてすぐにだし汁で煮ると、味がしみこみやすくなります

ついでにもう一品♪

揚げなすの甘みそ添え

つくり方

  • 1)180℃に熱した油を用意します。
  • 2)狩留家なすを丸ごと1本揚げます。
  • 3)揚がったら、荒熱が取れるまで置きます。
  • 4)手で皮をむき、適当な大きさに割きます。
  • 5)お皿に盛り付けて、甘味噌を添えたら、完成です!

↑