山本恭瑚先生の旬ごはん「いちごのムース」

2017.05.01

いちご

広島県内でも早いと1月?2月にはハウス物、春の後半にかけて露地ものがたくさんでます。
産直市などの棚に並び始めると春が来たって感じ。
一般的には露地ものの方が甘味が強いと言われます。
実はこの赤い部分は花の一部で、本当の果実は周りの小さな粒々なんです。
面白いですね。

材料

いちごのピュレ ………… 160g
………… 65g
グラニュー糖 ………… 65g
板ゼラチン ………… 10g
生クリーム ………… 160g

つくり方

  • 1)いちごをフォークでつぶします。
  • 2)鍋に水とグラニュー糖を入れ、火にかけ、溶かしてシロップにします。
  • 3)水でもどした「板ゼラチン」を(2)に加えます。※さっと溶けるので注意
  • 4)(3)と(1)のいちごと合わせ、氷水につけて粗熱をとります。
  • 5)7分立ての生クリームを少しずつ加えます。
  • 6)氷水でとろみをつけたら、器に入れ、冷蔵庫で30分程度冷やします。
  • 7)スライスしたいちごやミントで盛り付けたら出来上がり♪

できるだけ、粉ゼラチンではなく「板ゼラチン」を使ってみてください。出来上がった時のツヤ感が違います。

↑